2011年10月アーカイブ

週末金曜日の国分町

2011年10月28日 金曜日20:30

給料日後の週末金曜日は久々に国分町に人が出てました。
(リカネスト国分町店の事務所から撮影)
20111031-001.jpg

11月も飲食店様が忙しくなるといいですね・・・・!!

営業一課 猪股

第24回防災技術研修会

少し前の話になりますが、社団法人仙台市防災安全協会の宮城地区が

主催する、「第24回防災技術研修会」に参加してきました。

第22回は、消火器や消火栓の競技にて優秀を頂きまして

23回は、当日雨、予備日も雨で中止となったため、今回は最優秀と意気込みで

臨みましたが、なんと、雨天のため体育館での研修となってしまいました。残念。


事前に、雨天でのプログラムを用意頂いていた事もあり、クロスロード研修

AED研修に参加出来ました。


クロスロード研修とは、「災害への備えをどうするか、大地震が起こったらどう

対応するか。そこでは、私たちの日常生活では思いもよらないような"決断

すべき場面"にたくさん遭遇するでしょう。そんな決断の"分かれ道"を描いた

ゲームです。」

当日はグループを作り、カードで質問された内容に対してYES or NO を

それぞれ出して、多数決で勝ったほうが、普通の座布団をもらう。もし1人だけ

の意見になったら特別に"金の座布団"をもらうという流れで進行しました。
20111029-001.jpg
20111029-002.jpg

勝ち負けのルールは無く、それぞれ何でYESNOを出したかの理由を意見交換する

というのが趣旨です。自分にない考え方を言う方も多く、とても勉強になり

ました。(それでも、なぜか金の座布団をもらえると、皆喜んでいました。)


その後は、AED研修です。
20111029-003.jpg

非常に勉強になったのは、AEDは「停まっている心臓を動かす道具ではない」と

いうことです。

AEDは自動的に心電図を解析して必要なら電気ショックを与えますが、電気

ショックが作動するのは心臓が停まっているときではなく、不規則な痙攣が

起きているときのみ「ショックが必要です」となるとのことです。

AEDだけでは助からず、心臓マッサージと人工呼吸を併用しなければならなく

わたしも研修を受けましたが、研修を受けても難しいと感じたので、未経験の

方には使えないものと思いました。(誤ると感電などをするため危ないです)

AEDが様々な施設に設置されている時代ですので、研修を受ける機会が

より増えて助かる命も増えていくと、講師だった消防署の方がおっしゃって

いました。非常に有意義な研修となりました。


宮城消防署の皆様、有難う御座いました。


総務部吉田

食材王国みやぎ通信11年11月号(キリンビール)

キリンビールは宮城県と共にM・Kプロジェクトを取り進めております。


今回は、食材王国みやぎ通信11年11月号を紹介いたします。
20111021-001.jpg

Miyagi-Kirinプロジェクト(通称M・Kプロジェクト※)がおすすめする11月の食材は
「だいこん」と「サンマ」です!
ぜひ、宮城県産食材をお使いいただき、地産地消を推進しましょう!


食材王国みやぎ通信11年11月号はこちら。


※ M・Kプロジェクトとは...
平成18年キリン一番搾り生ビールのテレビCMで「宮城の牡蠣」篇を放映することを
契機に、宮城県とキリンビール株式会社との間で、お互いの有する得意分野を活用
しながら県産食材のPRを行い、地産地消や販路拡大の推進に連携して取組むことを
目的に立ち上げたプロジェクトです。


キリンビール株式会社

明治村

登米(とめ)市 登米(とよま)町
巷でちょっと有名な『みやぎの明治村』に行って来ました


20111013-001.jpg
♪♪さぁんびゃーく よぉーねん いーにしえのぉぉ(三百余年古の)~~~♪♪

と、ちょっと記憶もあやしい校歌も浮かんでくる
この教育資料館は私の小学時代の学舎(まなびや)です


20111013-002.jpg
入館料を払って
久しぶりに学舎を歩いてみました
20111013-003.jpg
20111013-004.jpg


20111013-005.jpg
震災で崩れ落ちてしまった白壁や
「立ち入り禁止」のロープなども見受けられましたが
子供の頃には解らなかった建物の美しさや、細工の細やかさなど
大人になって解る物も沢山ありました

天気に恵まれた本当に清々しい秋晴れの日
20111013-006.jpg


図工の写生はバルコニーがダントツに多かった事や
冬の日の廊下の寒さなどを思い出しながら
懐かしい学舎を見学しました
20111013-007.jpg

次回は資料館に隣接する観光物産センター「遠山之里」で
『油ふ丼』や『はっと汁』を食べよー!と
心にかたく誓い
登米(とよま)の町を後にしたのでした

総務部E

連絡先:CONTACT

【運営】株式会社吉岡屋

本社:宮城県仙台市青葉区栗生5丁目3-3
TEL:022-392-1611    FAX:022-392-1626
MAIL:info@yoshiokaya.com

株式会社吉岡屋

株式会社ヨックシステム