米鶴酒造の呑切り酒 『すこだま』

お久しぶりの企画課大原です。
本日は先日(6/8)に参加して来ました米鶴酒造さんのイベントの初呑切りを紹介したいと思います。

春先に搾られ、そのまま眠りに入った酒は、そろそろ適度に熟成が進み飲み頃を迎えます。
その味わいを今期はじめてチェックする蔵元ならではの行事を『初呑切り』といいます。
蔵元の当主や杜氏さんはもちろん国税局の鑑定官まで招くところもあり、普通はなかなか立ち会うことが出来ないものです。

今回は数多くのタンクの中から7つを呑切りし、その中から今回参加した加盟店全員の多数決で製品化する商品を決めます!
私自身は今回で5回目の参加となるのですが毎回利き酒をする時、ものすごく悩みます。

ちなみに、『まほろば』↓とは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味を持つ日本の古語だそうです。
20100618-001.jpg

当日は天気も素晴らしく良く見晴らしも最高でした♪
20100618-002.jpg

米鶴酒造さんは今年も全国新酒鑑評会で金賞受賞したそうです。凄いですね!!!!
↓中央が米鶴酒造 梅津社長,左が杜氏の須貝さんです。いつもお世話になります。
20100618-003.jpg

↓利き酒開始です。1回目で7つから3つに絞り込みます!完全にブラインドなので自分の感性が頼みです
20100618-004.jpg
20100618-005.jpg

投票!!!!!
20100618-006.jpg
20100618-007.jpg

2回目さらに3つから1つへ!!!悩みます。。。。。どれにしよう!?。。。。そして決定!!!!
20100618-008.jpg

えっ!?自分で選んだのは、どうだったって?内緒です!!!!(^ ^;)
でも、今年も美味しいお酒が選ばれましたよ!!!
なんと原料米に古代米の『亀の尾』が使われています!!!
『亀の尾』といえば『夏子の酒』でも幻の米として紹介されていましたね!!!
おだやかですっきりとした後味の良いこれからの季節にぴったりのお酒かと思います。

20100618-009.jpg
酒質:純米吟醸
原料米・麹:亀の尾
原料米・掛:亀の尾
精米歩合:60
アルコール分:18.0
日本酒度:+2
酸度:1.9
アミノ酸:0.9
酵母:K701

7月3日(土)限定入荷 お申し込みは6月25日(金)迄
↓クリックで拡大します
20100618-010.jpg