2010年3月アーカイブ

ヱビスうんちくをご紹介 その6

「恵比寿様について」


恵比寿様って、
そもそもどんな神様?



恵比寿様は、「商売繁盛」「豊漁」

「五穀豊穣」の神様として、古くから

日本人に親しまれてきた。

七福神の中でも唯一の、

日本古来の福の神。商売の

神様らしい活き活きとした笑顔は、

見る人を元気にさせる。




20100227-001.jpg


サッポロビール株式会社

リカネストモルトクラブVOL.5

アイレイシングルモルト"スモークヘッド" 

20100327-001.jpg

日本市場のみならず、海外でも大変高い評価を得ている、アイレイシングルモルト"スモークヘッド"のご案内をさせて頂きます。

このウイスキーで使用されているモルトは、日本でも人気のアイレイの蒸留所です。

ラガヴーリン、ラフロイグでもない人気蒸留所とは・・・残念ながら蒸留所名に関しては、完全シークレットです。

もちろん実際にテイスティングしましたが、43度に加水していることもありソフトですが、太いピートとスモークがばっちり感じられる、大変秀逸なアイレイモルトです。

平均熟成年数は5年から6年との事ですので、かなりのお買い得な価格ですよね!

蒸留所名の表記がないことを差し引いてもお手頃な価格です。なんとなくバーボンをイメージさせるような斬新なデザインのパッケージで、ボトリングはイアン・マクラウド社が行っております。

人気の商品です。是非お早めにお買い求め下さい。

"SMOKEHEAD" ISLAY SINGLE MALT SCOTCH WHISKY
43%  70cl  3、840円/本(税抜)      

※在庫本数に限りがありますので、売切れの際はご容赦ください。


【お問い合わせ】
リカネスト一番町店 担当:高橋 TEL022-215-4010
㈱吉岡屋 仕入課  担当:後藤 TEL022-392-1616

名前の言えないワインと雪の降ったある日の夜

皆様は、日頃飲んだワインを周りの方に報告していますか?
私は仕事柄、日々テイスティングしたワインをお客様に伝えながら、販売をしております。


しかしながら、このワインはチョット言えないワインなんです・・・・


このブログに報告をするのも躊躇したのですが、旨かったのでこっそりご連絡いたします。

20100326-001.jpg
20100326-002.jpg
20100326-003.jpg

2種類あるのですが、どちらもしみじみ旨いワイン。
本音を言うのであれば、もう少し待つと、もっともっと旨くなると確信しています。
こんなデキャンタがあればもっと開くかも・・・
http://unison-wine.com/ovarius.html


ちなみにこちらは、ご報告して良いワインです。
20100326-004.jpg
ルージュ・キュー・マランジェ


詳細はこちら↓
http://www.orveaux.co.jp/maker/Rouges_Queues.html

非常に柔らかく、ピノらしい味わい。
詳細コメントにも書いてありますが、カシス、チェリーなどの赤系酸味若干タイプの、味わいに丸みを帯びたタンニン。
濃いワインが好きな方には物足りないと思いますが、気付けばお代わりをしてしまうスルスル系のワインです。


最後に、先日仙台を襲った大雪の降り始めた時の一枚。
5年ぶりの大雪にややうんざりしながらも、心の何処かで子供心が疼き、ややテンションが上がった状態でパチリ!!
20100326-005.jpg
思いっきりシャッター音がしてしまったのもあるのですが、画像に写っている女性2名に隠し撮りをされたと勘違いされて、この後10秒ほど睨みつけらてしまいました・・・・


企画課 吉田

㈱ルネサンス・プロジェクト 春新商品

4月1日発売の春新商品をご紹介致します。

本格焼酎ブームも落着いた中、より安価で高品質の商品が求められております。

㈱ルネサンス・プロジェクトは、九州優良蔵元と共同企画開発し、この条件を満たした本格焼酎、麦と芋2商品をこの度ついに販売開始致します。

皆様のご期待を裏切らない本格焼酎を、この機会に是非お試し下さい。


壱岐の荒法師
20100323-001.jpg
四百年の伝統の技法を活かし、旧来の蒸留方法(常圧蒸留)で蒸留精製した焼酎。「荒法師」と呼ぶにふさわしい、ダイナミックな味わいと濃淳な香り。原点でありつつ、高貴さもただよう元祖焼酎をお楽しみください。

製造蔵元:壱岐焼酎協業組合
容量:720ml
アルコール度数:25度
販売価格(税抜き):1,100円
原材料:大麦、米麹



黒とんぼ
20100323-002.jpg
熊本産の食用芋である「金時」と、鹿児島産の「黄金千貫」をブレンドした原料本来の旨味。常圧蒸留特有の深い味わい。そこに黒麹の香ばしさが加えられました。球磨の盆地から立ち上がった武将の如く、不退転「とんぼ」がいざ出陣。

製造蔵元:深野酒造㈱
容量:900ML
アルコール度数:25度
販売価格(税抜き):1,120円
原材料:甘藷、米麹(黒麹)


商品仕入課 後藤

3月のリカネストオススメワイン4品

リカネストの鈴木です。

今月は3月のリカネストオススメワイン4品をご紹介させて頂きます。


レッドウッドクリーク カベルネ ソーヴィニヨン 2008
20100322-001.jpg
国:アメリカ (カリフォルニア)
色:赤
ボディ:ミディアム

葡萄本来の特徴を大事に、丁寧につくった果実感溢れる味わい。
ブラックチェリーとココアのような風味が樽熟により更に際立つ深みのあるワインです。

¥930(税込)


レッドウッドクリーク ピノノワール 2008
20100322-002.jpg
国:アメリカ (カリフォルニア)
色:赤
ボディ:ミディアム

ピノノワール種ならではの、ベルベットのようになめらかな口当たりが、スムーズな後味によって、一層引き立てられたミディアムボディのワインです。

¥930(税込)


レッドウッドクリーク シャルドネ 2007
20100322-003.jpg
国:アメリカ (カリフォルニア)
色:白
ボディ:辛口

熟した梨と桃の味わいが柔らかく、スムーズなフィニッシュが味わえます。

¥930(税込)


◇リンデマン BIN 50 シラーズ 2008
20100322-004.jpg
国:オーストラリア
色:赤
ボディ:ミディアム

スパイシーな香りと凝縮された果実の風味が特徴。このワインは品種の個性を生かしながら優しく柔らかな口当たりに仕上げられてます。

¥1,360(税込)


どれも口当たりが良く飲みやすいワインに
仕上がっておりますのでこの機会に是非ご賞味下さいませ。

尚、毎週金曜日18時より試飲会も行っておりますので
こちらも御時間、ご興味のある方は是非お立ち寄り下さいませ。


リカネスト

私の好きなワイン12本!! その1

企画課の吉田です。

今回は、私の大好きワインランキングトップ12の1つをご案内します!!

某ワイン漫画のように、決して世界のワイン12本などという壮大なものではなく、あくまでも只のワイン好きである私如きの、大好きな出汁薄旨系ワインが極めて多い、偏ったランキングですのでご了承ください。

ちなみに、お小遣いで買えるワインで構成されています。

今回は、「イヴォン メトラ ボジョレー」です。
20100320-001.jpg


大好きワインなのに、画像がぶれてしまったのでもう一枚。
20100320-002.jpg


これはしみじみ旨いワインですね~

別キュヴェで「フルーリー・キュヴェプランタン」があるのですが、香りを嗅いだ瞬間に卒倒いたします・・・。
価格が通常のボジョレーに比べるとやや高額なので、あえて通常ボジョレーを選んでみました。

今後も継続して見ていただければ、12本全てのワイン達が明かされる事でしょう・・・。
お楽しみに!!

イタリアワイン試飲会2010春

企画課 大原です

昨日3/18電力ビルB1F LA PAIX(ラペ)様にて日本リカーさんのイタリアワイン試飲会2010春が催されたので参加してきました!!!!
20100321-001.jpg

今回注目アイテムは4月12日新発売予定のシチリア州サリエルシリーズ
です。
20100321-002.jpg

個人的にはイタリアワイン試飲会ですがルイジャドの数量限定のピノ・ノワール
ロゼと3月中旬発売のボージョレ・ロゼも楽しみです♪
20100321-003.jpg
20100321-004.jpg

他にも色々なワインが並びました!なんと!!!その数約60アイテム以上!!!
20100321-005.jpg
20100321-006.jpg
20100321-007.jpg

ランチの時間終了と同時に試飲会の準備に取り掛かりました。
準備もちゃくちゃくと進み、準備万端です!!!!
20100321-008.jpg
20100321-009.jpg

おっと!!これはラペ様のワインセラーですね!!!すごい!カッコいいです(゜▽゜)
あれ!?後ろのアイスバケツをもっているのはたぶんうちの吉田ですね!!
動いているのでブレちゃってよくわかりませんね!(^^;)
20100321-010.jpg

そして当日受付嬢は........なんと!!私でした!!!!
えっ!?嬢?女性じゃ無いって!?すみませんm( )m
20100321-011.jpg


2:30試飲会スタート!!!!開始と同時にたくさんのお客様が来場されすごく
盛り上がりましたよ(^o^)
20100321-012.jpg
20100321-013.jpg
20100321-014.jpg
20100321-015.jpg
20100321-016.jpg

おっと写真↓中央の笑顔の素敵なナイスミドルは日本リカーの地主さんです。
20100321-017.jpg

おや!?メルシャン鈴木さんもお手伝いに来てくれました!!!
20100321-018.jpg

試飲会も終わりに近づいてきた頃,受付を離れてちょっとルイジャドのロゼを...
と思ったのですが残念!!!既に無くなっていました(T-T)やはり春なので
ロゼの注目度は高かったのでしょうか!?何かの機会に飲んでみたいです!!!


第二部へ続く・・・・・


バー&レストラン ラ・ペ
住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビルB1
TEL:022-263-5788
☆クーポン有です

世界遺産を巡るたび との巻

世界遺産を巡るたび 前回「へ」の巻に続き、今回は「と」。
このシリーズも今回で最終回となります。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす

ご存知平家物語のくだりの部分です。何故平家物語かといえば最後は宮島だからです。宮島の中にある厳島神社は、安芸守から太政大臣になった平清盛公の援助を得て栄え、また秀吉公にも厚く庇護されたことでも有名です。

私は根っからの東北人ですので、どちらかといえば源氏系。平家の話は、関西の話ととらえていますので、平家物語は全く覚えていなかったはずなのに、宮島へ向かうフェリーの中でふと頭に浮かんできました。(学生の時、必死で暗記したからでしょうか)

フェリーから見る鳥居は、遠めなので小さい。
20100317-003.jpg

着岸する頃になってその大きさにびっくりでした。
20100317-002.jpg

宮島の鳥居は、コンクリートで固めているのではなく、4本の足と、鳥居の上のほうに4トンの石を詰め、その力で建っているそうです。どうやってその石を鳥居に組み込み、建てたのでしょうか?毎回、昔の人々の苦労がしのばれます。

神社は、海の上に建っていますので、台風や高波で被害を受けることが多いそうです。その都度、修復しなおして現在の形になったそうです。
20100317-001.jpg
20100317-004.jpg

また狛犬の話になりますが、ここの狛犬は1対の男女の形をしているそうです。覗いてみれば、証拠があるそうなのですが、海に落ちそうになるのでそれはやめました。
20100317-005.jpg

一通り神社を見学して、昼食を食べました。宮島は、かきと穴子が有名らしいので、こちらをいただきました。これもとてもおいしかったです。

有名といえば、広島の「もみじ饅頭」。大の和菓子党というか、あんこ星人の私は、やきたてのもみじ饅頭をぱくり。うま~い。いままで八つ橋や、玉椿を食べ損ねた分、幸せな気分になりました。

もちろん、私は餡の饅頭ですが、宮島のなかでは、抹茶。チョコ。クリーム。そしてなんと、クリームチーズ。レアチーズケーキのもみじ饅頭が販売されていました。会社の人のおみやげに買ってきたかったのですが、帰りを考えるとこれは、とても無理でした。もし、皆さんチャンスがあれば召し上がってください。


私は今回世界遺産を巡ってきて、世界遺産についてかなり考えさせられました。
世界遺産の定義で『顕著な普遍的価値をもつ遺跡、景観、自然を含む不動産』とありました。原爆ドームでの衝撃があまりにも強すぎてこの定義のもつ意味が少しわかりました。だから世界遺産の登録はとても大変だとも考えました。

日本には、私が巡った10ケ所以外にも世界遺産があります。もしこの先機会があれば、また訪ねてみたいと思います。

商品仕入課 高橋

隠れ家「侘び助」様

サントリーの藤本です。

今回は、立町の隠れ家「侘び助」様をご紹介します。

この店に最初にお邪魔したのは2年前。
会社の上司からの紹介で商売でお邪魔したのがきっかけだった。
「角ハイボール」をおすすめして女将に即興で作り方講習をさせて頂いた。

あの日以来、当社のお取り扱いも増えて公私共に贔屓意しているのが、この「侘び助」様である。
「こんなところで商売成り立つのかな?」それが正直第一印象だった。
でも、ここの、女将、料理、に会うとその不安は一蹴された。
20100319-001.jpg
20100319-002.jpg

築100年の古民家を改装して、立町で産声をあげたのが11年前。
立地のハンディを埋める為の熱心な営業(店内外;ブログ、ミクシー、、、)は頭が下がる思い。
腕のいい板さんが作る料理の数々はどれも「仕事が丁寧」

がめかぶ焼
20100319-003.jpg
本日のかきあげ
20100319-004.jpg

中でも売りは「軍鶏鍋」
なんでも鬼の平蔵がこよなく愛した軍鶏鍋を様々な資料をもとにして再現した当店一押しの逸品らしい。

軍鶏鍋
20100319-005.jpg 今の季節は「せり鍋」を堪能できる。実にうまい! 最近持ち帰りを始めて好評だそうです。

なんだか癒されたいM男になると「侘び助」様に足が向くんです。


侘び助
仙台市青葉区立町6-16 (有名な餃子アップルの近くです)
TEL:022-217-8455
〔月~金〕  17:00~24:00(LO 23:00)
〔 土・祝 〕  17:00~23:00(LO 22:00)

エノテカ イル チルコロ様5周年

企画課 大原です。

先日、エノテカ イル チルコロ様5周年(オメデトウゴザイマス!!)ということで飲食訪問させて頂きました。
実は私、担当させてもらったばかりでして、ちょっと緊張しながらもすごく楽しみにしていました!!
20100318-001.jpg

今日も一杯目はビールで乾杯です!!
ハートランドですね(^^)苦味がおだやかで、すっきりとした味わいが好印象なビールです。
私の好きなビールのひとつなんです!店主のこだわりが感じられますね!
20100318-002.jpg

さて!!最初は担当引継ぎでお伺いした初日から目を付けていた生ハムを注文しました。
いやぁ楽しみです!!!
20100318-003.jpg
20100318-004.jpg

じゃじゃ~ん!!!!美味しそう!!!!♪自家製のレーズンとくるみの入ったパンも美味しかったです!!!
20100318-005.jpg


ここで自家製のレモンチェロをつかったレモンチェッロビールを頂きました。
ほど良い甘みと苦味がなんとも言えません(^^)
お次は赤ワインをグラスで!!!って写真を撮り忘れました(T-T)
たのんだワインはジョゼッタ・サッフィーリオ・アルナ・ロッソ!お肉に良く合います!!!
ん~!!美味しいです!!


お次はパスタです(^^)北海道仔羊とパプリカのラグー自家製キタッラ。
これも美味いです!!!!♪
20100318-006.jpg


これは和牛ハラミステーキ!!ボリューム満点ですね♪
20100318-007.jpg

併せて赤ワインを注文!マッテオコレッジアロエロ・ロッソこれもグラスでいただきました。
濃い感じがお肉と良く合いますね♪


お口直し?に白ワインを頂きながら写真はありませんがペンネを頂きました♪
20100318-008.jpg
20100318-009.jpg

短角牛の肩ロース肉を刺しで!!!仕入れたばかりで新鮮なところを頂きました。
さっぱりしていてしつこくない上品な味で、うまみの強い赤ワインが良く合います♪
20100318-010.jpg


ここでもう一度先程の赤ワイン(2番目の)を頂きました(^^)


最後に山伏ぶたのステーキを。。。さすがに食べ過ぎですかね!?
と思っていたのですがペロリ(^^;)
肉のうまみが最高で柔らかくてとても美味しかったです♪♪♪
ちなみに付け添いの野菜は千葉県産の葉たまねぎです。初めて食べたのですが
これもまた美味!!
ホントに美味しくお肉を食べさせてくれるなぁと思いました!!!!
こうやってブログを書いているうちにもまた食べたくなってきました(^^)
やばぃい!!!お腹すいたぁ(--)
20100318-011.jpg

最後になりましたが、シェフを初めスタッフの皆様ごちそうさまでした♪ありがとうございます!!
そして5周年おめでとうございます!!
これからもよろしくお願い致します。

エノテカ イル チルコロ
宮城県仙台市青葉区国分町1-7-10 SKビル1F
022-227-0180

鹿児島県の本格焼酎を楽しむ会

3月7日 ホテル仙台プラザ様で行われました
鹿児島県の本格焼酎を楽しむ会に参加してきました。

鹿児島の本格焼酎、その魅力と楽しさ、これからの焼酎の提案などのセミナーがあり、講師の(有)飲食文化研究所『繁盛できる』編集長 立山 雅夫様の楽しく、為になるお話を聞くことが出来ました。
20100316-001.jpg


次に、本格焼酎と料理を楽しむ会
参加した蔵元さんのお薦め銘柄と、鹿児島と仙台の食材を使った料理をいただきました。
何品か紹介しておきます。

かごしま黒豚の角煮
20100316-002.jpg

伊達鳥米粉味噌蒸し北京仕立て
20100316-003.jpg

鹿児島のぶえん鰹のカルパッッチョ
20100316-004.jpg

三陸産帆立照り焼き薩摩醤油風味
20100316-005.jpg


その他にも焼きたての鹿児島黒牛鉄板焼きなどおいしー料理とデザートが10品以上!
大変ごちそう様でした。


これから、参加した蔵元さんを紹介します。

白露酒造㈱ 様
20100316-006.jpg

町田酒造㈱ 様
20100316-007.jpg

黄金酒造㈱ 様
20100316-008.jpg

田苑酒造㈱ 様
20100316-009.jpg

沖永良部酒造㈱ 様
20100316-010.jpg

小正醸造㈱ 様
20100316-011.jpg

オガタマ酒造㈱ 様
20100316-012.jpg

山元酒造㈱ 様
20100316-013.jpg

軸屋酒造㈱ 様
20100316-014.jpg

喜界島酒造㈱ 様 
20100316-015.jpg

奄美大島酒造㈱ 様
20100316-016.jpg

薩摩酒造㈱ 様
20100316-017.jpg

日當山醸造㈱ 様
20100316-018.jpg

(資)弥生焼酎醸造所 様
20100316-019.jpg

大海酒造㈱ 様
20100316-020.jpg

東酒造㈱ 様
20100316-021.jpg


以上、16の蔵元さんのご紹介でした。
会の間に蔵元さんのPRなどもありとても楽しい試飲会でした。

営業部  高橋

世界遺産を巡るたび への巻

世界遺産を巡るたび 前回「ほ」の巻に続き、今回は原爆ドームと広島平和記念資料館です。

世界遺産を巡る旅も残すところ2ヶ所となりました。
今回はかなり個人的な意見を書いてしまうことをお許しください。

毎年8月6日になると広島では平和記念式典が執り行われますが、所詮私には、他人事。
ほとんどニュースでしか知りませんでした。今回の見学で考えは一変。それを書きたいと思います。

午前8時、ホテルを出発し、原爆ドームへ到着しました。相変わらず、人影はまばら。原爆ドーム前で説明を聞きながら、見学です。

1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、世界で初めての原子爆弾が投下されました。被害は爆心地から半径2キロにわたり、ほとんどの建物を破壊し、焼き尽くし、たくさんの方々の命を奪いました。残った建物も壁は落ち鉄骨むき出し、原型がどんなものかを想像もできないほどのくずれかた。これが原爆ドームでした。
20100315-001.jpg
20100315-002.jpg

テレビで見るのとは違ってそのものが何かを訴える。これが世界遺産だと痛切に感じる建物でした。

ドームのそばに時計塔があり、8時15分になると毎日音楽がなると説明されましたが、まだこの時間ではなかったので音はしませんでしたが、実際15分になると音楽が鳴り出し、原爆を忘れないでと訴えかけられているようで、かなり胸が締め付けられました。
20100315-003.jpg

たまたま散歩する犬がこの音に合わせ、遠吠えをしているのがかなりもの悲しかったです。


平和の灯、平和の泉を見学しながら、泉の水は、原爆で水がなくて川の中に皆さんが入水していったのに干からびて水がなかったことから、いつでも水を湛えていること。灯は、この世から戦争がなくなるまで絶対消えないこと。を説明され、いままでテレビで何を見ていたのかと反省しました。慰霊碑前で線香をあげて平和を祈りました。
20100315-004.jpg

私は泣きそうになるのをこらえ広島平和記念資料館に入館しました。限られた時間で見学しなければならないのに、私はもう入口で固まってしまいました。それというのも原爆が何故広島に投下されたかが、何枚にもわたって説明されていたからです。

原爆を投下する候補地は、4都市あったそうです。広島、新潟、長崎、小国。この4都市は、被害を正確に測るため、空襲を何ヶ月も前から避け、連合軍によって最終的に選出されたのは、外人捕虜地がないという事。たまたま広島が快晴だったという事で投下されてしまいました。仙台は空襲があったので候補ではなかったのですね。何度読み返しても納得がいかない。ちょっと戦争のむごさを感じていました。

原爆の遺品はものすごいもので、目を覆いたくなるものばかり。するとそばから、聞きなれない言葉が。ちょうどこのときは、春節で中国からの観光客の方もたくさんいらっしゃいました。過去の過ちを中国の方は、どうとらえているのだろうと内心不安になりながらも展示品の見学を続けました。

ひととおり見学を終え、思うことはただひとつ。もう二度とこんな事があってはならない。人が人を傷つけてはならない。私の叫びは本当に小さいけれど叫び続けなければならないと感じました。

「No more War」 と。

平和の灯が一時も早く消える日まで。

商品仕入課 高橋

酒仙蔵 吉岡屋へ

ヨックシステムです。

会社帰りに 『酒仙蔵 吉岡屋』 へ遊びに(?)行って来ました ヾ(・ω´・*)ocチワー


S-PAL仙台店の地下1階です
20100309-001.jpg

看板だけ見ると 高級な和食屋 さんっぽい・・・(私だけ???)





この日は、いつも笑顔のN店長&Kさんの女性2人がお出迎え


((8-(*'-'*)ノ...Welcome...ヽ(*'-'*)-8))



もちろんお酒  もありますが・・・



隠れた(隠れてないかも)人気商品がこちら ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ


20100309-002.jpg
噛めば噛むほど味がでる 


《 牛たんジャーキー 》  w(°0°)w オォー



小腹が減った時はKさんもこっそり買って食べているらしい ( *´艸`)クスッ♪



う~ん・・アリですね  真似しよう 



隠し持つには丁度いいプチサイズ(?)もあるから仕事中でも大丈夫 (*^-゚)vィェィ♪



みなさん  今日もお仕事がんばりましょうー! \(>∀<)/


◇酒仙蔵吉岡屋
JR仙台駅内S-PAL B1F
営業時間 10:00~20:30
電話 022-726-5220

世界遺産を巡るたび ほの巻

世界遺産を巡るたび 前回「に」の巻に続き、今回は、番外編です。

皆様は「広島」にどのような印象を持たれますか?
やっぱり原爆の印象が強いでしょうか?私ももちろんその一人です。
食べ物はやっぱり「お好み焼き」?これも一緒です。
20100308-001.jpg

今回のツアーは格安のツアーでしたので食事は朝食のみ。他はオプションでした。出発前の説明書にオプションの案内で、《ろ》の巻の京懐石。2日目は鯛御膳とお好み焼きが載っていました。さすがに瀬戸内海。鯛です。

ツアーの参加者はなんと41名。夫婦でいらした方、個人、3名等。それぞれに年齢の高い方が多かったので私は、若輩でした。(???)
皆さん、1日目は、京懐石。2日目はお好み焼きを選ばれる方が多く、皆さんと連れ立って店まで歩きました。

広島のメインストリートの幅は何と百メートル。仙台に例えて言えば車道が定禅寺。歩道が青葉通り。
とても広い道路で、信号がどこをさしているのはさっぱりわかりませんでした。(歩行者用ですが)
おじさまが「この道路は札幌の大通りより広いぞ」と話しかけてきたのですごいとこだなと感心しました。
また別なおじさまに「おしゃれな市電がはしっているよ」と話しかけられ、見てみると地下鉄のようなモノレールのような説明しがたい車体でした。
私の父は生前、仙台市の市電の運転手だったのでちょっと懐かしいような、目新しいような、不思議な乗り物を見たような気分になりました。


次は目的地。お好み村。

私は、大阪と広島のお好み焼きの違いが全くわからず、添乗員さんの「広島のお好み焼きは食事です。
大阪は、具材がすべて最初から混ざっているのでおやつ感覚。広島は違いますよ。」の意味がわかったのは村に入ってから。
広島県民のジャンクフードのイメージは壊れました。
お好み村は一つのビルの二階から四階までをお好み焼き屋さんが占めるビル。数十軒の店が構える場所です。
ここからは各自お好みチケットを握り締め、好きな店へ。

私は、主人と「厳島」という店へお邪魔しました。
チケットを見るなり、御主人が店のオリジナルを焼き始めました。
私は隣のお客様のお好み焼きにたっぷりのねぎがのっているのを横目で見ながら、御主人の手元を眺めていました。
広島のお好み焼きには麺が入りますので、私はそば、主人はうどんで注文しました。
まず、薄くのばした生地にたっぷりのキャベツ、もやしをのせ火を通します。
生地の横で肉やイカをあぶりながら、そばやうどんを焼きます。
さらに奥様が、卵を鉄板に落とし、クレープ状に焼きます。程よくすべてに火が通った頃、天かす、魚粉、と順番に生地に重ねていきます。
すべて重なると、ヘラで押す。押す。押しまくる。厚みのあったお好み焼きは食べやすい厚さになりました。
ソースをたっぷりかけ青海苔をのせ、手元に別のソースと一緒にやってきました。
私は隣の方の食べ方をひたすら覗き見していたので、ヘラをうまく使えるか少し不安でしたが、食べ始めました。
私のお好み焼きにはねぎがのっていなかったので、あとでトッピングをすべきだったと少し後悔しました。ところが、後悔はこれだけではありませんでした。

私はヘラ使いが全くダメで、お好み焼きを切ったつもりが切れていない。ヘラを一生懸命押してもなかなか離れてくれない。ひたすらあせりまくりです。
かなりの不器用さにさすがに御主人も見るにみかねたのか、大きなヘラで分けてくださいました。
(どうもすみません。それもそのはず、私のお好み焼きは原型を留めることなく中身が飛び出していたのです)
私は心の中でそばがグルテン状になったからだとひたすら責任転嫁。
わたしのそばの鉄板はいろいろな切れ端でちょっときたなかったです。
(掃除が大変だったろうなあ。本当に申し訳ありませんでした。)

私には、お好み焼きはふんわりのイメージだったので、広島のお好み焼きは、エスプレッソ状態だったとでも言い訳しましょうか?ギュッと詰まった本当に食事でした。
味はとてもおいしかったです。今度機会があれば、ヘラを使いこなし、皆さんに画像をお見せしたいです。今回はとても無理です。
なので、ちょっと本を拝借。お好み村は、本物です。

商品仕入課 高橋

実は色々飲んでます!!

企画課の吉田です。
皆様は普段、どの様なお酒を飲んでいますか?

私は、ワインしか飲まない男に思われることが多いです。


イメーチェンジを図るべく、今回は私の好きなお酒の一つでもある、異国のお酒をご案内いたします。


ちなみに、お酒を飲むときにアルコール度数を確認しながら飲んでますか?

例えば・・・
・ビールは約5パーセント
(前日飲みましたが、異国のビールで12パーセント近い商品も有ります!!)
・缶チューハイは約3~8パーセント
(同じ1本でも度数が倍近くある商品も有るので気をつけて下さい!!)
・ワインは約11~14パーセント
・日本酒は約16~18パーセント
・焼酎は約20~25パーセント(原酒は50パーセント近く有ります)
・ウイスキーは30~50パーセント前後

※あくまで例ですので、この範囲を超える商品が有ったとしてもノークレームで御願いします・・・。



それではマッコリの度数は分かりますか?



韓国料理、焼肉屋といった業態に、ほぼ全店といって良いぐらいの確率で置いてある、白濁したお酒です。


今回飲んだマッコリは、6.5パーセントでした!!

飲みやすいので、1.5ℓ程飲んでしまったのですが、上記の度数換算で言うと、ワイン1本分ぐらいですね(ほろ酔いになります)



こちらが通常のマッコリ
20100305-001.jpg


そして、こちらが黒豆まっこり
20100305-002.jpg


非常に分かり難いかもしれませんが、色合いに黒が入ってきます。
(黒豆だから当たり前ですね・・・)
味わいは分かり易くいうと、ゴマ豆腐をドロドロにして、スッパイヨーグルトを足して飲んだ感じでしょうか?

余計分からないですかね・・・。


そして、こちらがあわせた料理で一番相性のよかった料理
20100305-003.jpg


食べた後に相性が良いことに気が付いたので、若干崩れておりますがご了承下さい。
大根おろしをかけたひじきハンバーグに、ポン酢をかけた料理です。
ポン酢の酸味とひじきや、肉の甘さと絶妙にマッチングしました。


私は、マッコリの爽やかな酸味と、ほのかに香る米の甘さが大好きなのです!!
(発酵が進んで酸味と発泡性が強まったのも嫌いではありません)


今回は遊びで、このマッコリ2種類を混ぜてみました
20100305-004.jpg


色合いは黒が強いのですが、黒豆の香りは穏やかになり、ほんのり感じる程度です。
厚みも出て、意外にもこれが一番おいしかったです。



今回飲んだマッコリ達!!
20100305-005.jpg


マッコリはすいすい入ってしまうので、皆さんも飲みすぎには注意しましょう。



最後に、最近飲んだワインを・・・・


オロンシオ プイィ フュメ こちら
20100305-006.jpg

プイィ フュメ と言えば、ディディエ ダグノーがNO1だと思いますが、このフュメも旨いです。
ハーブの香りに、熟した黄色系果実、樽も程よく感じ厚みもあります。

2007年なので、酸やミネラルがキツイかな~と思って飲んだのですが、それを感じさせない果実味もあり、そのポテンシャルの高さに驚かされます。



オロンシオ・・・・・・・今後注目です!!!!!!!!!!!!


企画課 吉田

世界遺産を巡るたび にの巻

世界遺産を巡るたび 前回「は」の巻に続き、今回はツアーのメインイベント姫路城です。

姫路城は修復工事に入りこれからの5年間天守閣の公開がなくなることを知っていたので(内部見学は足場ができれば始まるようですが)是非見学したかったのです。 
敷地の広さは甲子園球場60個分とのバスガイドさんの説明に疑いを持ちつつ天守閣を目指しひたすら歩きました。
さすがに天下の「白鷺城」

大きい、広い、高い、美しい。すばらしい要塞です。本当に60個分の大きさで歩き続けました。
20100301-001.jpg

城には《い》から始まる門が21個あり、今回のブログのタイトルを数字にしないでい、ろ、はの巻にしたのはこれらの門にかけてです。
20100301-002.jpg

場内に入場するとシルバーボランティアの立て看板が。
シルバーの響に何か不思議なものを感じながらまたひたすら歩きました。
さすがに昔の建物なので見学コースはちゃんと歩きやすくはなっているものの階段は急で狭いです。
そんな階段をたまたま他のツアーをガイドしているボランティアの方々は皆さん白髪でシルバーガイドに納得してしまいました。

1階から天主台に続く1本柱や、武器棚、もちろん火縄銃。なぎなた。暦女の血が騒ぎました。
一つ一つがパラダイスです。でも狭く急な階段にはちょっと辟易。シルバーガイドさんたちの軽やかな足取りに脱帽でした。
20100301-003.jpg

天守閣の反対側に西の丸がありました。ここは何とあの千姫がお住まいになった場所。
私の興奮ははかりしれないものでした。ただ西の丸にはもうシートが張り巡らされ修復工事が始まっているのを思い知らされるのでした。

家康公の孫に生まれたばかりに秀頼公や本田忠刻公に嫁がれ、いつでも戦略の駒にされた千姫の気持ちを考えるとちょっともの悲しく、哀れに感じるのでした。

でも千姫には優しい旦那様だったらしく、わざわざ京都から菓子職人を連れてきてお菓子を作らせたとか。ここが始まりで姫路は和菓子が有名になったそうです。

有名なお菓子で「玉椿」という物があるそうですが、私はとうとう見つけられずかなり悔しい思いをしました。

皆様、今がチャンスです。是非御自分の目でお確かめになられてはいかがですか?
20100301-004.jpg 

商品仕入課 高橋

【2010年4・5・6月】吉岡屋厳選 頒布会

今回は、2010年4,5,6月と期間限定でお送り致します・・・

吉岡屋厳選 ワイン・焼酎・日本酒頒布会

のお知らせをさせて頂きます。

今回の頒布会も、お得な値段の商品や、珍しい商品などを取り揃え致しました。
一度ご注文を頂きますと、3ヶ月定期的にお届けいたします。

選りすぐりの商品たちを、是非お楽しみ下さい!


20100303-001.jpg


Aコース:3,150円(税込)×3回
・4月
◇エミリアーナ・アドベ・カベルネ・ソービニヨン
◇サンタカロリーナ・アンタレス・ソーヴィニヨン・ブラン
◇フェウド・アランチョ・ネロダーヴォラ
20100303-002.jpg


・5月
◇ドネリ・ビノシャルドネ・スプマンテ
◇ドミニク・ローラン・ブルゴーニュ・パストゥーグラン
◇ビルヤラ・シラーズ
20100303-003.jpg

・6月
◇ラクロワザード・レゼルブ・カリニャンVV
◇シャプティエ・シボワーズ・トリカスタン
◇ポルジョ・ブルゴーニュ・ブラン
20100303-004.jpg


Bコース:4,7250円(税込)×3回
・4月
◇ジャンジャックモレル・サントーバン
◇ヴィーニャ・パルグアNO2
20100303-005.jpg

・5月
◇ジョアナン・ベコ
◇オリヴィエ・ルフレーブ・ブルゴーニュ・ルージュ
20100303-006.jpg

・6月
◇ドミニク・ローラン・ジュブレ・シャンベルタンVV06
20100303-007.jpg


焼酎コース:2,730円(税込)×3回
・4月
◇壷中の玉響 25°
◇薩摩宝山 黒麹仕込 25°
20100303-008.jpg

・5月
◇八海山米焼酎「宣有千萬」 25°
◇天空の粋神 25°
20100303-009.jpg

・6月
◇重富 25°
◇麦焼酎 夢志野 25°
20100303-010.jpg


日本酒コース:2,730円(税込)×3回
・4月
◇八海山吟醸酒
◇一ノ蔵純米酒掌(たなごころ)
20100303-011.jpg

・5月
◇勝山特別純米酒「縁」
◇八海山原酒で仕込だ梅酒
20100303-012.jpg

・6月
◇出羽桜桜花吟醸本生
◇三千盛純米
20100303-013.jpg


★ワインのヴィンテージは都合により変更になる場合があります。
★船便等の都合によりお届けする商品が変更になる場合があります。

募集期間/2010年3月1日から2010年05月01日まで。
お問い合わせ/022-392-1621(担当直通)
頒布期間/2010年4月下旬より2010年06月下旬まで。

お申込み方法
下記の申込書に、お名前、ご住所をご記入の上、お申込み
もしくは、担当営業までご連絡をお願いいたします。
※クリックで拡大いたします。
20100303-014.jpg


株式会社吉岡屋

メーカー情報更新のお知らせ

ホームページにあります、メーカーさんの最新情報ですが、1社さん分の更新を行いました。


今回追加の商品は・・・

ボルドー・バロン・フィリップ〈赤〉〈白〉
商品コンセプトは、リーズナブルでありながら、品質の高いACボルドーワイン。
ホテル・レストランのバンケットや、カジュアルレストランでのハウスワインに。

ということです。

是非、下のリンクからアクセスしてみて下さい。


アサヒビール株式会社さんはこちらから
「アサヒ ポイントゼロ」、「ボルドー・バロン・フィリップ〈赤〉〈白〉」
20100302-010.jpg


株式会社吉岡屋

世界遺産を巡るたび はの巻

世界遺産を巡るたび 前回「ろ」の巻に続き、今回は清水寺です。

この日はあいにくの雨。午前8時にホテルを出発し清水寺に到着です。
朝一番ということでバスの駐車場に一番乗り。これはゆっくり見物ができるかも・・・
20100226-001.jpg
20100226-002.jpg


三年坂をひたすら登り山門に到着です。
山門には二頭の狛犬が口を開けて出迎えです。
普通狛犬はあとうんの口で一頭は口を開きもう一頭は閉じている。
でもここは二頭とも口を開け、よう登ってきたなあ疲れただろと笑っているそうです。(不思議だ)

2個の鉄棒(1個は30kgくらいもう1個は100kgくらい)と鉄下駄がありました。
とても重くて持ち上がりません。またお釈迦様の足の大きさの足型が掘り込まれた石。
これは足腰の弱った人に利くそうで、ツアーでご一緒の皆さん触っていました。(私も皆さんがいなくなってから触りましたけれど)

いよいよ清水の舞台の見学です。
天気がよければもっと見晴らしがよかったと思いますが京都タワーのあたりまでしっかり見えましたのでこれは良しなのでしょう。

清水寺と同じ敷地の地主神社を見学しここは縁結びの神様なのでちょっと恋占いをしてみました。
目をつむって石から石まで歩く。ちょっと無理でした。
20100226-003.jpg
20100226-004.jpg


阿弥陀堂を見学し清水の舞台の下を見学。
ここは釘を使ってないそうで木が組み込んであるのを見て昔のかたの苦労がしのばれました。
 
朝が早かったので修学旅行の学生たちとも会わず、本当にゆっくり見学できました。
(でもおみやげ屋さんもあまり開いていなかったけれど)実は八つ橋の試食がしたかったのですが我慢。黒七味唐辛子を家用におみやげにしました。

このツアーは宇治上神社(平安時代に建てられた日本最古の神社)西本願寺(荘厳な堂宇が軒を連ねる大寺)上賀茂神社(京都三代祭り「葵祭」の舞台)を巡りました。
京都は世界遺産の寺や神社以外にも寺が1500位。神社が240位。正確な数はよくわかりませんが「鰻小屋」京都独特の家の造り(間口が狭く奥行きが長い)を含めかなりの数だそうです。

これらのお寺や神社を毎日お参りしても最低4年はかかるそうです。かなりのお賽銭貧乏になりそうです!

商品仕入課 高橋

連絡先:CONTACT

【運営】株式会社吉岡屋

本社:宮城県仙台市青葉区栗生5丁目3-3
TEL:022-392-1611    FAX:022-392-1626
MAIL:info@yoshiokaya.com

株式会社吉岡屋

株式会社ヨックシステム