世界遺産を巡るたび いの巻

唐突ですが、私は歴女です。
たまに素で自分のことを我と呼んでいてあせることもあります。

そんな私が、ジャイ◎ンツ日本一記念の格安ツアーを見つけ
『京都姫路宮島世界遺産10個ツアー』に行ってきました。
 
10ケ所を巡るツアーなので何回かに分けて報告します。

20100222-001.jpg

宇治平等院
皆様ご存知10円のあの寺です。
まず見覚えのあの形。鳳凰が実にすばらしい。手塚治の火の鳥を思わず思い出してしまいました。
水辺にうつるあの形絶景です。私は平等院の中に入る時間がなかったので(入場規制がありました。)博物館を見学。
仏像に見とれていると壁にある仏像。
それは雲に乗った仏像が各々楽器を弾いている、琵琶、笙、鼓、銅鑼、太鼓まるで像とはおもえませんでした。でもレプリカです。実物が本当に見たかったなあ。

私は実は三味線を習っているので琵琶にものすごく興味を持ちました。
平安時代琵琶は貴族がたしなんだ楽器。それ以前は中国で弾かれていたかと思うと、もう私は平安時代にタイムスリップ。
十二単を着こなしたお姫様は何を考え聞いていたのでしょうか?
私はちょっと涙ぐんでしまいました。
 
おみやげコーナーで琵琶のストラップが売っていましたが、ちょっと高価だったのであきらめクリアファイルを購入し、あの時代のイケメンに別れをつげました。
(京都のほうでは本当にこの仏像のイケメンたちに順位をつけていました)


下鴨神社
皆様八咫烏(やたがらす)を覚えていますか?あの足が3本の烏ですよ。
サッカーのワールドカップのユニフォームといえばなんとなく思い出してくれましたか?
ちょうど今年はワールドカップ。お守りも気合が入っているかのようだったのに、たまたまこの日の韓国戦は惨敗。これから八咫烏にもがんばってもらわねば。
 
話はそれましたが、この八咫烏をはじめとする森を糺の森として守り、世界遺産となったそうです。
ただすのもり読めません。ちょっと勉強になりました。


商品仕入課 高橋