自然派ワインテイスティング!!

皆様、自然派ワインは好きですか!!!!!!!!!!

私は大好きです。
流行や商売的なアプローチでは無く、飲んで好きなワインに自然派が多いのです。

個人的なお話で恐縮ですが、初めて自然派を意識させてくれたワインは5年前ほどに飲んだボジョレー地区の巨匠「マルセル・ラピエール」の造るボジョレーでした。

生まれて初めて一人でワインを1本飲んでしまった事。
1本飲んだ後なのに何故か酔いが少なかったこと。
喉に引っ掛かりが無く、スルスル飲めてしまったこと。

今思えばあの時の衝撃が現在に繋がっているのかな~と思います。

ダール エ リボ のクローズエルミタージュに驚嘆し。
マーク アンジェリー のロゼダンジュにロゼの素晴らしさを教えていただき。
新井 順子さんのソーヴィニヨンブランに感激し。
シャソルネ(フレデリック コサール)のサンロマンに感動すら覚えました。

そして現在、様々な自然派ワインを飲む機会があり、生産者と会う機会があり、やはり自然派おいしなーと思うようになりました。




そんな件で始まりましたが、某場所で自然派ワインを一気にテイスティングいたしました。

画像を見れば何処か分かる人は多そうですね・・・


20100217-001.jpg
20100217-002.jpg


計10種類ですが1時間程かけてテイスティング。
ワイン名とコメントはあえて記載しないですが、近いうちに市内の飲食店様で飲める日が来ると思いますのでお楽しみに!!


そしてテイスティング終了後、とあるインポーターさんと打ち合わせを兼ねてお食事へ。


最終的に3軒ほどお伺いしたのですが、ココでとある1本を。

そのワインはなんと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



20100217-003.jpg
シャソルネのニュイ サン ジョルジュ クロ デ ザルジリエールでーす。

偉大なる「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」の1つのキュベに値する程と絶賛されたワインらしいのですが、そんなの知ったこっちゃありません。

これは素直に旨いの一言。
もちろん今後の熟成を感じさせる酸やタンニン、果実味を持っているので本来の旨さはまだまだ先かと思いますが、今飲んでも「シャソルネ味」がプンプンします。
「シャソルネ味」とはいったい何か?
飲んだ方にしか分からないシャソルネ全てのキュベに感じる「かつお梅きのこ出汁」といったワインアドバイザー失格を思わせる表現がピッタリです。

ワインリストで見かけたら一度お試しあれ!!

企画課 吉田